アナルが感じるデリヘル好きの彼氏

当時22歳の時に付き合っていたデリヘル好きの彼氏とは、かなり濃厚なエッチをしていた記憶があります。

付き合い初めの頃は、お互いに恥ずかしがりながらのエッチだったのですが、半年が経てば濃厚なプレイに変わっていました。

この当時の彼氏とのエッチは正直気持ち良かったですね。

彼氏と会えば私の家で宅飲みとなり、それから必ずという程エッチなムードに。

どちらともなくキスを交わしながら始まり、段々と濃厚なキスから押し倒されて体中をまさぐられます。

飲んでる事もあり、私の体も感度良好になっているので激しく感じていました。

彼氏も私の反応に興奮し言葉責めをしながら、イヤらしい目付きで私の体を触ったり私の顔を見てくるので、それがもっと興奮を高めてくれました。

今度はお返しに私が彼氏を責める事に。

フェラをしてあげると、必ず頭を押されてお尻の方へ顔を持っていかれます。

初めは抵抗ありましたが、慣れてきたので抵抗もなく私はアナルをガンガンに責めると、彼氏は性感帯がアナルのようで声を出す程感じていました。

そんなに気持ちいんだっと思う私も興奮していたのですが、彼氏の股関からは滴れ落ちるほどの我慢汁が出ていました。

会えば、こんなに興奮するエッチが出来るのに、いつも楽しみにしていました。